mizuho_seikatsuの日記

一般社団法人Saa・Yaが運営している生活訓練「みずほ」のブログです。週に数回更新をする予定です。

❤Les't cookinng❤

 
今日、午前中のことですが、
皆でグラタンを作りました(^_-)-☆
 

f:id:mizuho_seikatsu:20171020134801j:plain

 

写真はオーブンに入れたところ。
 
普段一人で食べる食事に、グラタンなんてありません。
皆で「熱いね」と言いながら、口にする食事はそれだけで特別です🎶
 
美味しさ⤴⤴(^^)
 
最近は、朝が寒くなることが多く、すっかり秋?空ですが、
体調に気を付けて冬を乗り切りたいものです…
 
以上りんご雨でした🍏

f:id:mizuho_seikatsu:20171020134905j:plain

 22日は、なんと初休日に課外プログラム!クルージングに行く!!
そうそうないプログラムです。
 
ただ、台風が来てることが心配ですが、みずほならではのプログラムです。楽しみ!
 

 

9月6日のプログラム

   今回はNaochannが書きます。

 9月6日水曜日は、SSTというプログラムに皆で参加しました。

皆でTPOに適したファッションについて学びました。

パソコンをネットにつないで、ファッションについて検索するといろんな画像が

 出てくるんですね。

 私は何にも知りませんでした。

 

 それから後は、デジタルカメラで撮った利用者とスタッフの方のファッションを

TVの画像に映して皆で論評を加えてみました。

私的にはファッションについて学べてとても有意義でした。

 

★ 下は、皆でカルタをしているところの写真です。

f:id:mizuho_seikatsu:20171013101053j:plain

加世田という街に伝わる伝統のカルタをしているところです。島津の偉い殿様が作ったカルタです。

ここ”みずほ”ではいろんなプログラムがあるんですよ。

いっちゃん、初めてのブログ

 こんにちは、いっちゃんです。

 10月4日(水)のプログラムは、みずほ事業でイルカのストラップを作りました。

私にとってイルカのストラップを作るのは初めてでした。まず、プラ版に色を付けることから始めて、次にイルカの絵を描いて、そしてハサミでイルカを切り取ります。

特に、ハサミでイルカを切り取るところが一番難しかったです。

f:id:mizuho_seikatsu:20171006110245j:plain

 初めてブログを書きましたが、これでも、一生懸命に考えた記事です。

また、自分の順番が回ってくるまでに考えておきます。

甚だ短い記事ですが、これにて終わります。

9月29日

 

こんにちは S です。

 

私が最近プログラムに参加した記憶をたどってみて覚えているのは

まずミーティングに参加しました。

今月は、司会進行をりんご雨さんがされました。

テキパキと進行がすすみ早く決まりました。

f:id:mizuho_seikatsu:20170929112430j:plain

 

あとは個別だったと思いますが私は、ぬり絵をしました。

〇ヵ月ぐらい前から始めましたが細かいのと利用日数が少ないので

なかなか終わりません。出来るだけ早く終わるようにしたいと思います。

今週の月曜日は学習会で利用者さんの作文の発表会的なことがありました。

利用者さんの色々な想いなどなど、とてもよかったです。

 

もっと話を広げることが出来ればいいのですが、難しいですね。

 

今回はこれにて失礼します。

 

 

 

銀杏

サポートセンターでは、時折、プログラムを作文として書くことがあります。

そんな中で、今日は私りんご雨の体験を書いていきたいと思います。

 

 

「ちゃんと、20 代の女の子がすることをして。」

母に、言われた言葉でした。

銀杏を公園まで取りに行こうとしてしていたところでした。

ある日のことです。

おしゃれもせず、部屋着のまま出ていこうとする私に、母は、言いました。

悲痛に満ちた言葉に、私も混乱してしまいました。

20代の女の子がすること?

普通の女の子がすること?

普通のこと?(「普通のことをして」とも言われました。)

それは、私のことを「普通」ではないと言われた気がして、

じゃあ好きなことはできないということ?

普通のことって何?

いろいろ、頭の中を巡りました。

そして、悲しくもありました。

理解されないということは、してはいけないことなの?

どう生きていけばいいの?

途方に暮れ、私はいつの間にか、水の入ったペットボトルを母に投げつけていました。

 

「どうして、私のことを理解せずに、押し付けようとするの!?」

 

私も泣いていましたが、何より割れたガラスを泣きながら片付けていた母の姿。

申し訳なさが、心の隅にありながらも理解せず押し付けてくる母に怒りの感情が

沸いてきました。

その頃、誰かの声が聞こえたり、人が見張ってくる感覚に動けない私がいました。

そんな私を見て、「病院に行こう」と母は、言葉をかけてくれました。

 

やっと私の『今』を受け止めてもらえたような気がしました。生きててもいいんだと

思いました。

 

一歩進んだような気がしました。

私自身は病気だと受け入れてません。服薬に影響もありますが、これまで歩んできた

経験、痛み、悲しみが今の私を作っていると思うと、自分を少しだけ受け止めることが出来るようになりました。

私がたどってきた道は、無駄ではなかったんだ。そう思える道をこれからも歩いていきたいと思います。

 

最後になりましたが、

 

f:id:mizuho_seikatsu:20170921135804j:plain

 

🎶みずほ事業の裏側🎶

大量生産中です。